両親が残した絵画の価値を知るため査定依頼

両親が他界して自宅が空き家になった

両親が他界して自宅が空き家になった絵画を発見高いお店を選べば手にできる現金の額も増える

両親が他界して自宅が空き家になった、その家に住む兄弟や姉妹がいない場合にはそのまま放置しても意味がない、誰も済まない家は建物そのもののが劣化しやすくなるし、毎年固定資産税を納めるなど余計な出費も出て来ます。
子供頃から住んでいた家なので売却するのは気が引けたけれども、誰も住まないのであれば売却するのが一番です。
ただ、家の中には両親が残した遺品ともいえる様々な家財道具が残っていて、それらの遺品整理を行うことから始める必要がありました。
遺品整理業者を利用する方法もありますが、専門業者を利用すると費用が掛かりますし優良な業者ならまだしも悪質なところもあり、このような業者に遺品整理を頼めば後々問題やトラブルが起きるのではないか、兄弟や姉妹が多くいるので順番に自宅に訪れながら片づけることにしました。
年度末に固定資産税は納税しているので、すぐに売却をする必要はありませんし、じっくり時間をかけて生前のことを偲んだり、子供の頃のことを弟や妹などと話をしながらやるのも楽しいもの、滅多に会うこともない兄弟姉妹などですからこのようなチャンスは良いものだと考えたいわけです。

おはよございます☔
やっと金曜日、頑張ってこ🥂✨
朝まで描いてしまった…(^^;#水彩画 #透明水彩 pic.twitter.com/WmsbNg7nxo

— ゆき (@yuki_furasi) September 9, 2021

絵画 査定 | 【絵画買取】長年の経験で価値に見合った買取価格をご提示